FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードのエントリータイミングをとらえる方法 その2

パターン1 順張り
トレンドにしたがってトレンド方向へとトレードするやり方です。
エントリータイミングによって押し目・戻りを狙うケースと、直近高値・安値からトレンド方向に再度伸び始めたところを狙うケースがあります。

押し目・戻りというのは、トレンドが出ている相場で値動きがトレンドに逆らう動きを見せた後、トレンド方向にもう一度値が伸びていくポイントのことを言います。
上昇トレンドの場合には、一時的に相場が下落する動きを見せた後、再び上昇し始めるポイントを押し目といい、押し目を確認して順張りでエントリーしていくことを押し目買いと呼びます。
逆に下落トレンドが形成されていて一時的に上昇する相場になった後、再び下落し始めたポイントを戻りといい、戻りを確認して下落方向へエントリーすることを戻り売りと言ったりします。

パターン2 逆張り
トレンドが出ていないレンジ相場で、レンジの上限・下限からレンジ内に値動きが反転していくタイミングを狙っていきます。

逆張りはよくトレンドに逆らうトレード方法だといわれることがありますが、厳密には(僕の個人的な意見かもしれませんが)決してそんなことはないです。というか、トレンドが出ているのにあえてトレンドに逆らって逆張りを仕掛けていくのはあまりにもリスクが高いのでトレードになれていないうちは絶対にやるべきではありません。

相場の原理原則にもある通り、現在の状態がこの先も続く可能性が高いわけですから、トレンドに逆らうのは相場の原理原則に逆らう行為になり、そんなことをしていって相場で勝てるようになるわけがありません。相場で安定して勝てるようになるには相場を味方につける(相場の流れに乗る)ことが絶対欠かせませんから、トレンドに逆らう逆張りは絶対にやらないようにしてくださいね。

--------------------------------------------------

トレンドの逆張りは絶対NGですが、この先を読み進めていくと、言っていることがちょっと違くね?と思うかもしれません。しかしそれは、あくまでもエントリータイミングのみ考えた場合の話で、絞り込み分析がきちんとできている場合にはむしろ、トレンドの逆張りを仕掛けても良い場面もあり、それはまた詳しく説明していきますね☆

ここまででまず、トレードの2ステップのうちエントリータイミングの捕捉について説明をしてきました。次からは絞り込み分析についてもう一段掘り下げて説明をしていきますね。

勘の良いあなたならもう気づいていると思いますが絞り込み分析とはトレンドが今どうなっているのか?を確認することが最も重要です。どれだけエントリータイミングをとらえるのが下手でも絞り込み分析できちんとトレンドが把握できていれば、ひどい負け方をすることはないですし、収支だって青ざめるほど悪くはならないはずです。絞り込み分析の時点で勝敗はすでに決まってきますから、絞り込み分析でトレンドをきちんと把握する方法はしっかり身に着けていきましょう。
スポンサーサイト

テーマ : FX
ジャンル : 株式・投資・マネー

トレードのエントリータイミングをとらえる方法 その1

エントリータイミングをとらえる方法(トレード手法)にはいろんな手段があり、RSIを使った方法や移動平均線のクロス、MA反発などなどいろんな方法があります。トレード手法がいくつあるのは全く予想はつかないのですが、大きく分けるとトレード手法は2パターンしかありません。

トレンドが出ている場合のトレード方法、トレンドが出ていない場合のトレード方法の2パターンで、トレンドについては後で詳し~~~く説明しますが、ここではとりあえず、

・相場がパッと見で上昇もしくは下落している場合には
 トレンドが出ている(上昇トレンド、下落トレンドが出ている)

と考え、

・同じような値幅を行ったり来たりしている場合にはノントレンド、レンジ相場

と考えてください。

相場には「現在の状態がこの先も続く可能性が高い」という原理原則がありますので、トレンドが出ているのであればこの先もトレンドが継続することを見越して、エントリータイミングをつかまえに行きます。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ユーロオージー(EURAUD)のトレード 9月22日

ユーロオージー(EURAUD)でけっこうわかりやすいトレードがありましたので紹介します。

■4時間足
20140923euraud4h.png

■1時間足
20140923euraud1h.png


■15分足
20140923euraud15m.png

環境認識としてはアップトレンド継続中という場面で押し目を拾いに行きたいところでした。

そこで15分足を見てみるとまず、短期で下落トレンドが形成されてチャネル下限(トレンドライン下限)まで落ちてきたものの、下限を突破することが出来ず、下落トレンドがいったん終了。もみ合いに入ります。
短期間ですがもみあいが続いた後、最終的にMAに反応して下落するかと思いきや、下に抜けることはなく大きく上昇開始。この時点で先ほどのMA反発でショートしようとした連中を筆頭に焦り始めているはず&相場では今、MAが意識されていることが分かるので、赤い矢印を付けたところのMA反発でロングエントリーというわけです。

決済は無難に、直近高値を目安にしました。



テーマ : 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

ドルカナダ レンジブレイクからの戻り売り

別に悪いわけじゃないけれど、う~~んどうだろう?こんな結果もあるよね、って言うトレードです^^;

■4時間足
20140919usdcad4h.png

相場としては、4時間足でヘッドアンドショルダー完成か?というところです。ヘッドを作って右肩を作る際に一度MA反発によるロング失敗しているところに注目。
右肩もMAに頭を抑えられて下落をしていることから、下落の勢いが続く可能性が極めて高いことがわかります。

■1時間足
20140919usdcad1h.png

ヘッドアンドショルダーのヘッド部分からトレンドラインを引くと、このラインに合わせて高値が徐々に低くなっていることがわかります。この様子からも下落の可能性が高いことがよくわかります。


■15分足
20140919usdcad15m.png

で、さてさて、肝心のトレードの方ですが、15分足レベルで見てみると、ヘッドアンドショルダーの右肩部分では実はレンジっぽい感じになっていたことがわかります。
このレンジの下限を抜けたらショートしていきたいなぁなんて思っていたら、結局、レンジ下限からの最後の反発はMAに阻まれてそのままレンジ下限をブレイクしてしまいました。

つまり、レンジブレイクからのショート戦略を実行できる状態になったわけですが、ありがたいことに、MA反発してレンジブレイクしているわけですから、相場では今、MAが意識されていることがわかります。

ということで、矢印を表示させた部分でショートエントリ!というわけですが、結果としてはパッとしないブレイクでしたね^^;

20pipsも伸ばすことができず相場が反転し、僕がめどにしていた戻り高値をいったん突き抜けてきたものの、やはり1時間足のトレンドライン&4時間足のMAを上に抜けることができず、今度こそズドン!と下に抜けてきました。。。汗

まぁとれーどやってりゃ、こういう場面が出てきてもおかしくないなぁっていうことで紹介してみました☆








テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

トレードのエントリータイミングをとらえる方法

エントリータイミングの捕捉はFX商材の腕の見せどころ(?)ではありますが、よほどのことがない限りエントリータイミングのルールが分からなくて結果が出せない、ということはほとんどないんじゃないかと思います。たいていのFX商材は、微妙な判断が求められることはあっても、解釈が大きくぶれるようなことはないように感じます。
逆に、エントリータイミングがガッチリと決まるタイプのトレード手法もあり「誰がやっても同じところでエントリーできる!」みたいに宣伝しているものもあったりしますが、だからといってすぐに勝てるようになるわけではありませんよね??

ここまで繰り返し話してきましたが、<.b>絞り込み分析がきちんとできていなければ意味がありませんので、トレードルールを覚えることだけに集中しても、エントリータイミングを捕捉することばかりに集中しても、結果が出ないのはあなたが身を以て理解している通りです。

絞り込み分析あってこそのエントリータイミングの捕捉ですので、順序を間違えちゃいけないですし、絞り込み分析のスキルアップにしっかりと力を注ぐようにしましょう。

以上までが、
どんなトレード手法を実践するにしても必ず従うことになる2つのプロセス
となります。

エントリータイミングをつかまえることにばかりを向けてはいけないこと、絞り込み分析をする時点ですでに勝敗は決まっているようなものなんだ、っていうことをよくよく理解しておいてくださいね。

次回からは話をもう一段、現実に近づけていって、まずはエントリータイミングについて解説していきます。絞り込み分析は重要ではあるものの、トレードでは絞りりこみ分析とエントリータイミングが1セットです。どちらかというとエントリータイミングに合わせて絞り込み分析を行っていくような感じになっていて、あなたがやりたいトレード手法ではどんな風に絞り込み分析をしなければいけないのか?というのを考える必要があります。

テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

相場の絞り込み分析してからトレードのタイミングを捕捉する

巷にあふれるFX商材はエントリータイミングをつかまえるところに大部分の説明を費やしていますし、実際にFX商材を購入する人たちも、どんな風にエントリータイミングをつかまえにいくんだろう?というのが最も気になるところじゃないかとおもいます。

FXではただ、エントリータイミングを捕捉することにばかり目がいってしまうと勝てるようにはなりません。たとえばあなたも連敗するうちに頭に血が上ってしまい、直近の流れだけを見て普段ならやらないようなトレードをしてしまい、相場の波に翻弄された経験はないでしょうか?それというのはまさしく、エントリータイミングの捕捉だけしか頭にない状態になっていますので、そんな状態で勝てるようになるわけがありません。FXではエントリータイミングの捕捉の前にまずは絞り込み分析というのをやっていく必要があり、

絞り込み分析の時点で勝敗はすでに決まっている

と考えても構いません。

孫子の兵法に「戦わずして勝つ」とか「戦うにしても必ず勝てる準備が整ってから」みたいな話しが出てくるように、実際にトレードする前の準備段階ですでに勝ち負けは決まっているんだとおもえるようになりましょう。

絞り込み分析は、トレード手法(エントリータイミング)が機能する場面かどうかを見極める確認作業で、例えばその日のトレード開始をする際に最初にどの通貨ペアでエントリータイミングが近々やってきそうか?とか、実際にエントリータイミングが訪れた時に、勝てる相場なのか(そのトレード手法にとって勝ちやすい相場なのか?)というのを見極める作業になります。例えあなたの目の前で今、トレード手法通りのエントリータイミングがやってきたとしても、絞り込み分析の時点でトレードに適していないと判断できた場合には、決してトレードはしちゃいけません。

勝てないトレーダーというのは、トレードすべきではない場面でもトレードしてしまうことが主な原因ですね^^;

FX商材の販売ページって、なんだか作者が連戦連勝してウハウハ!って感じな仕上がりになっていて、誇大表現されている可能性はありますが、絞り込み分析がきちんとできていれば、負けるときに少ない損失で済ませ、勝つときにはガッツリ利益がとれるようになりますので、ウハウハ感はあながち間違いというわけではありませんww

テーマ : FX
ジャンル : 株式・投資・マネー

トレンド転換の理想的なトレード

理想的ともいえるトレンド転換からのロングを紹介します。

■15分足
20140911audjpy15m.png

続きを読む

テーマ : FX
ジャンル : 株式・投資・マネー

FXで勝つためのFX商材の活用法

ここまでの話をまとめると、FX商材を買っても勝てない人というのは、

・ノウハウそのものを相場に当てはめようとしている。
・ノウハウをチャートに落とし込む経験が不足している。


この2点が主な原因として考えられます。

ここから先、僕の身に着けたテクニカルのノウハウについて順を追って話をしていくのですが、あなたがもし本気でFXで勝ちたいと思うのであれば、まずは学んだノウハウは肉付けさせていく必要があるんだ、っていうのを忘れないようにしてくださいね。100%ノウハウ通りにトレードすることなんて望んじゃダメです。

それともう一つは、一通りノウハウについて学んだあとは、ぜひ自分で手を動かして言って、ノウハウを現実へと落とし込んでいく作業をコツコツ取り組んでいってください☆

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

FX商材を買っているのに勝てない人

何が言いたいのかというとFX商材を買っているのに勝てない人というのは、ノウハウという抽象化されたものが現実世界にぴったり当てはまると思っている節があるところです。言い方はあれですが、地図(イメージ化されたされた世界)と現実の区別がついていないようなものなんです。ノウハウというのはあくまでも、重要性の低い部分を限りなく大量にそぎ落としていき、様々な状況に共通するポイントを抽出したものにすぎません。人間で言えば、体中の肉という肉をそぎ落としていって、最終的に残った骨格部分がノウハウになるというわけです。

ぼくたちが目にする相場というのは、骨格があらわになった骨格模型なんかではなく、骨格に様々な肉付け(相場参加者の様々な思惑)がされた様子が映し出されています。肉付けされたチャートを見てどんな骨格をしているのか?を観察し続けて自分の知っている骨格(ノウハウ)が現れるのをじっと待ち、現れたと思ったらすかさずエントリーするのがトレードという行為になります。

実際に骨格を見ずに肉付けされた状態で推測しているわけですから、精度は高めることはできても決して100%にはなりません。そして骨格(ノウハウ)を見抜く精度を高めようと思ったら、ノウハウばかり見るんじゃなくて実際の相場を何度も見て、何度もノウハウを当てはめる訓練が必要不可欠になるのも、なんとなくわかるんじゃないでしょうか?

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

FXで勝つためのトレードの理論化について。

テクニカルについて話をしていくにあたって、できるだけ抽象的な概念から話を始め、具体的な相場へと落とし込んでいければと思っています。いきなり具体的な話をしていっても、知識が不十分だったりノウハウについて理解不足がある場合には、ついていくのがほんとうに大変ですし、そもそも消化不良を起こしてしまいますからね^^;

ということで、実際にはウニョウニョとまるでまとまりのない動きをしている相場をイメージ図を使って抽象化(デフォルメ)するのですが、僕は個人的に、FX商材をいくつも買っているけれど勝てない人って、この抽象化したイメージ図を現実のチャートに落とし込むことができていないことが勝てない原因だと思っています。

抽象的なイメージというのは、具体的に起こりうることの最大公約数を取っていて、すべてに当てはまる共通項のみを抜き出しています。余計な情報が徹底的にそぎ落とされている分、理解しやすいというメリットがあるのですが、その代わり抽象的なイメージで学んだことを現実に落とし込むのが大変になってきてしまいます。

身近なところで言えば地図というのは、現実の世界を表現しているのは間違いありませんが、細かな情報(重要度の比較的低い情報)がそぎ落とされていますから、けっして、地図=現実の世界 というわけではありませんよね?

どこにどんなお店があってその店ではどんな商品が並んでいるのか?なんて地図に載ることはないですし、地元の人しか知らないような抜け道なんかも省略されてしまうでしょう。でも、道路地図を見れば目的地に行くための道筋をほぼ正確に把握することができますので重宝するものの、くどいようですが、道路地図のような風景が現実に広がっている広がっているわけでは決してないですよね?

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。