スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円(USDJPY)のトレードプラン 3月31日

ドル円はとりあえず、4時間足で上昇トレンドに入ったとみてトレードプランを考えています。

■1時間足
20150331usdjpy1h.png

■4時間足
20150331usdjpy4h.png

上昇しているわけですから、とりあえず下値を確認できたところでロングを狙いに行くのが戦略です。
直近の目安になると120円のサポートライン。このラインに対して下抜け失敗するようならばロングをしていきたいなと。

もしくは上昇のチャネルラインの下限に対してどのように反応するか?というのも注目しています。
このチャネルにしたがって値動きがロングに反転するようなことがあれば、そこからもやはりロングを狙っていきます。

とりあえず直近では余りショートは打ちたくないなという相場です。


スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ポンドスイス(GBPCHF)のトレード 3月30日

ポンドスイス(GBPCHF)はレンジ下限からのロング成功です。


15分足
20150330gbpchf15m.png

■4時間足
20150330gbpchf4h.png

■1時間足
20150330gbpchf1h.png


環境認識

4時間足では直近の流れでは下落途中ではあるものの、ボリンジャーバンドプラス2シグマまで戻され、勢いがなくなっていた状態でした。


エントリータイミング

1時間足~15分足を見てみると、下値が限定気味になっている感じでした。最終的に3度目の下値試しに失敗。MA反発失敗という条件も重なっていたためここでロングエントリー。

良い感じで上値をのばしてくれたので、気持ちよく利食いが出来ました。


テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

ドル円(USDJPY)の相場観 3月30日

ドル円は日足レベルのレンジ突入か?という風に見ています。

■4時間足
20150330usdjpy4h.png

■日足
20150330usdjpy1d.png

日足を見るとレジスタンスラインに上値を阻まれてしまい、反対方向のボリンジャーバンド2シグマまで押し返されている展開となりました。ここまで強く流れを止められたということは、上値がちょっと重い印象を持ってしまいます。

4時間足ではとりあえず、直近の安値に対してどう反応するか?によってロングもショートも両方狙っていければと思っています。また直近高値のレジスタンスラインからのショートも狙いますが、ここからのロングはいったん様子を見ます。そしてフィボナッチ50%ラインを上に抜けてくるようならば、4時間足での移動平均線も上向きになり始め、ボリンジャーバンド2シグマも広がり始めそうな気がするので、そのあたりからロング目線を織り交ぜようかなというスタンスを持っています☆




テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

エントリータイミングの捕捉と絞り込み分析の関係

絞り込み分析はそもそもどんなトレードをするのか?(どんなタイミングでエントリーをするのか?)によって変わってきます。

僕のようにMA反発を狙うのであれば順張り・逆張りで言うと順張りで狙っていくのが無難です。
順張りでトレードするならばどんな条件が整っている必要があるのか?を丁寧に考えていけば、絶対に欠かせない条件というのがいくつか見えてきます。

例えば順張りの中でも最も勝ちやすく利をのばしやすいトレンド転換が成立した直後の押し目・戻りを狙う場合。
そもそも、直前のトレンドの定義が覆されてトレンド転換が成立している必要がありますよね。
もっと言えば、

直前のトレンドがダウ理論的にトレンドの定義を満たしていて、
なおかつある程度時間をかけて上げ下げを繰り返してトレンド形成していれば、



それだけ直近のトレンドに心を奪われて大きなトレンドに逆らっていることはわかっていてもついついトレンドに逆らう方向にエントリーしてしまう人が増える分、大きなトレンド方向へ値動きが再帰したときに流れが勢いづきます。

そしてさらに、直近のトレンドが大きなトレンドの定義を崩すことなく(転換の押し目・安値を突破することなく)、大きなトレンド方向へ反転し始める必要もあるなど、トレンド転換からのMA反発を狙うといってもこれだけ確認すべきポイントがあるわけです。

トレードで勝てるようになって来れば、こういった要因をパッと見で把握して

今はトレードに適している場面なのかどうか?
チャンスが近づいているのかどうか?



というのを見極めてしまうわけですが、慣れないうちは、様々なポイントを丁寧に探っていかなければ、簡単なミスを連発してしまうことになります。

面倒でも抵抗線は何度も引いてみたほうがよいですし、エントリーする前に絞り込み分析で確認した項目を改めてチェックしなおしてからトレードし始めるといった慎重さが求められます。

テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

ユーロポンド(EURGBP)のトレード 3月27日

ユーロポンド(EURGBP)で4時間足レベルの逆張りからの第二波を取れました。


15分足
20150327eurgbp15m.png

■4時間足
20150327eurgbp4h.png

■1時間足
20150327eurgbp1h.png


環境認識

4時間足では移動平均線もつっきって、ボリンジャーバンド2シグマまで到達しました。
しかしここでサポートライン・トレンドラインに反応している様子も見られました。

移動平均線の傾きがはっきりと下向きになっているわけじゃなかったので、ある程度の戻しがあってもおかしくないなと見ていました。

エントリータイミング

15分足では、鋭く下落をしていたものの、移動平均線をしたら上に一気に突き抜けてボリンジャーバンド2シグマへと到達。15分足レベルのショートトレンドの重要な戻し高値まで到達しました。仮にトレンド継続する場合には、移動平均線をもう一度、下に抜けてきそうなところなんですが、そんなそぶりはなくMA反発成立。

逆ヘッドアンドショルダー完成しそうな場面でもあったのでロングをしました。

その後1時間足レベルの戻し高値であり、本日の最高値だったレジスタンスライン付近まで値を戻して、そこで失速してきたので、サクッと利確しました。

テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

オージードル(AUDUSD)のトレード 3月26日

オージードル(AUDUSD)で4時間足レベルの転換の初動がとれました。


15分足
20150326audjpy15m.png


■4時間足
20150326audjpy4h.png

■1時間足
20150326audjpy1h.png


環境認識

4時間足では直近ではグングン上値をのばしていたものの、日足レベルのレジスタンスラインでしっかり阻まれました。そして上値更新できなくなり、移動平均線の反対側まで下落。その後、移動平均線をもう一度、上に抜けることが出来るか?という状態でしたが。。。


エントリータイミング

15分足では4時間足の移動平均線を突破できるか?という状況でした。しかし、上値を支えるトレンドラインに頭を押さえられ、なおかつ1時間足のボリンジャーバンド2シグマと接するところでもあります。こういった前提のうえで、15分足では移動平均線の反発を受けて上昇を試みるものの失敗。下落を開始したのでショートエントリーをしていきました。

結果はなかなか良好で、良い感じで値幅がとれんたんじゃないかなと思っています。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ユーロ円(EURJPY)のトレード 3月25日

ユーロ円(EURJPY)でレジサポ転換からの理想的な押し目買いが出来ました。


15分足
20150325eurjpy15m.png

■4時間足
20150325eurjpy4h.png

■1時間足
20150325eurjpy1h.png




環境認識

4時間足ではやや角度が鈍ってきたものの、ロング優勢と考えられる場面。ということで押し目が確認できたらロングしていきたいなと思っていました。


エントリータイミング

15分足ではしばらくレンジ相場を形成。しかしヨーロッパ時間に入ったあたりで上値を抜けてきました。
チャネルラインの下限にも収まるようなところだったので、この上昇によるトレンド復帰は高いとみていて、レジサポ転換+MA反発でエントリーしました。

ただ、結果的には、上値をのばしきれなかったため、ストップロスを引き上げたところでちょうど損切
=プラマイゼロで決着となりました。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ユーロポンド(EURGBP)のトレード 3月24日

ユーロポンド(EURGBP)は良い感じでMA反発がおきました。

15分足
20150324eurgbp15m.png

■4時間足
20150324eurgbp4h.png

■1時間足
20150324eurgbp1h.png



環境認識

4時間足ではキレイに上昇トレンド形成中。ボリンジャーバンド1σが下値をささえるような感じなっていますので、安定感すら感じます。


エントリータイミング

狙うは当然、ロングだったわけですが、15分足を見てみると直近の流れは横ばいとなっていました。しかし最終的にはレンジ下限にキレイに反発を受けて反対側のボリンジャーバンド2シグマまで一気に戻されます。その後、移動平均線を下に抜けようとするものの抜けられず、MA反発完成。ここでロングエントリーを仕掛けていきました。

15分足でも良い感じにバンドウォークが発生してくれて、利がしっかり伸びていたので、ボリンジャーバンド1σを切ってきたところでさっと利食いしました。


テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

オージー円(AUDJPY)のトレード 3月23日

オージー円(AUDJPY)はうまく逆張りできたと思ったんですが。汗

15分足
20150323audjpy15m.png

■4時間足
20150323audjpy4h.png

■1時間足
20150323audjpy1h.png

環境認識

4時間足ではレンジと見ていました。直近の流れがレンジ上限に近づいていたので、狙うはショート!でした。

エントリータイミング

15分足で上値を更新しようとする動きが見え始めます。移動平均線から再上昇をしようとするけれど、思ったような反発もなく更新失敗。その後、移動平均線を上に抜けきることもできなくなっていたので、大きめの陰線が出たところでショートをしました。

ただその後の値動きがパッとしませんでしたね。汗
もう少し下値をのばせると思ったんですが、バンドウォークものほとんどなくて、結局、プラマイゼロで手じまいしました。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ポンドドル(GBPUSD)の相場観 3月23日

ポンドドル(GBPUSD)で、注目しているラインがあります。

■15分足
20150323gbpusd15m.png

■4時間
20150323gbpusd4h.png


4時間足では移動平均線がしっかり上向いてきているので、ロングを狙うべき場面ということもできますが、気になるのは上値が抑えらているような雰囲気もあるところ。終値ベースで考えると、一つ前の高値と水準がほぼ同じですからね。

そこで、直近の15分足相場で確認できるサポートラインの動きによってエントリー方向を分けてきたいなと思っています。1時間足の移動平均線も迫ってきているので、そのタイミングに合わせて上に反発する素振りが確認できればロング。

逆にサポートラインを下に抜けてきた場合にはショートを狙っていくつもりです。

テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。