スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前日高値・安値は本当に意識される?

相場で意識される価格帯として、よく

前日高値・安値を注目すると良い、


みたいな話をする人がいますよね。

相場に取り組み始めたばかりのころは知識が乏しいので、こういった情報を100%鵜呑みにしてしまってついつい盲目的に信じてしまいがちですが、前日高値・安値というのは本当に信頼して良いものなのかどうか?をここできちんと確認しておきます。


結論から言ってしまうと前日高値・安値が相場で注目されるかどうかは
結局はケースバイケース
必ずしも注目されやすい価格帯になりうるわけではありません。

ただ、数日にわたって下落を続けていて、前日高値が戻した高値に一致する場合には、その場合には転換の高値となるわけですから非常に重要な価格帯となります。前日高値を上に抜けてくればトレンド転換を示唆することになりますし、トレンドに従うのであれば、前日高値からの反発を狙って逆張りを仕掛けていくポイントとなります。


前日高値・安値が意識されるかどうかも結局は、

相場で上下を繰り返す値動きの重要な押し目・戻りを形成している可能性が高いから


というのが実際のところで、ダラダラと下げている相場で目立った高値を付けているわけでもないのに、前日高値に注目するのはあまり意味のないことです。


日足ベースでトレードしている人にとっては前日高値・安値は重要な意味を持ちますが、やはり相場で最も重視すべきなのはトレンドの方向と強さとなり、前日高値・安値の重要度は必ずしも高いわけではありません。短期足でトレードする分には、前日高値・安値はぶっちゃけあまり意識せず、とりあえず

トレンド中の目立つ戻り高値・押し目の安値



にラインを引き、逆行していた値動きが反転する動きを見せたらトレンドの方向に順張りトレードを仕掛けていくのが、基本と言えば基本のトレードとなります。
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。