スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライントレードの基礎

僕はFXで勝ち続けるためには、いずれにしてもライントレードの素養を身に着けるべきだと考えています。移動平均線とかRSIとかMACDとかいろんな分析ツールがあり、これらのツールを駆使して勝てる手法を組み立てている人がいますが、ラインこそ最も相場にフィットする分析ツールだと考えています。

ラインとは抵抗線(水平線)のことで、現在のローソク足よりも下にあれば下値抵抗線(サポートライン)と呼ばれ、ローソク足よりも上にあれば上値抵抗線(レジスタンスライン)と呼ばれるものの、使い方や見方は全く一緒です。

結局、こうしたラインにたいして

どんな値動きを見せるのか?
反発するのか・抜けるのか?



というのを見極めて、反応を示した方向へと素直にポジションメイクしていくのがライントレードとなります。

ちなみに、僕がライントレードのスキルが必須だと考えている理由は二つあり、一つはライントレードだとパラメーター(時間要素)に左右されないという点があります。

移動平均線にせよほかの分析ツールにせよ、結局は過去の値動き(1つ前、2つ前といったローソク足の終値)を考慮して数値計算をしていますので、時間という要素がどうしても加味されることになります。

相場はしかし、縦軸と横軸を二つバラバラに考えたほうが良いという側面があり、相場は上と下のどっちに行きたいのか?(トレンドは上と下のどっちに向いているのか?)を確認し、値動きの動意がはっきりしたタイミングでトレードすることになります。トレンド把握は極端に言うと時間要素はあまり関係はないものの、トレードのタイミングを把握するには必要不可欠です。
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。